HOME>レポート>産廃業許可の申請は行政書士がおすすめ!依頼するワケとは

産廃業許可の申請は行政書士がおすすめ!依頼するワケとは

男女

産業廃棄物処理業をするために産廃業許可が必要

産業廃棄物の収集・運搬を行う事業を運営したい場合、廃棄物を積む場所と降ろす場所の都道府県知事から、許可を受けなければなりません。産廃業許可の申請を行う為には、幾つかの条件を全て満たしている必要があります。まず何より求められるのが、収集や運搬を行う為の車両や施設を保有しているか否かという点です。講習会の受講や、経理的基礎を有している事が求められます。社会そのものにおいて、コンプライアンス意識が高まっているのは周知の事実です。その為欠格事由に該当していない点に加え、関係法令を遵守した適切な事業計画を整える必要があります。無許可営業を行った場合、厳しく罰せられますので行政書士のサポートを受けながら、許可申請を行ったほうが賢明です。

男性弁護士

行政書士に相談するメリット

産廃業許可、及び申請を検討中でしたら、早めに行政書士事務所へ相談する事をお勧めします。なかでもメリットを実感しやすいのは、産廃業の許可・申請に特化している行政書士事務所です。申請の手続きをトータルで代行しているだけではなく、書類の作成に限らず、添付書類の取寄せや申請そのものまで代行して下さいますから、経営者の精神的・肉体的負担を大幅に軽減する事が出来ます。これまで培ってきたノウハウ、実績は一般的な行政書士事務所の追随を許しません。比較的短期間で、産廃業許可を得られる可能性が極めて高くなるのです。経営者は安心して、業務に専念する事が出来ます。業界大手の行政書士事務所では営業時間外や、土日祝日もしっかりと対応しているのが特徴的です。