自己破産や遺産相続問題の解決方法とは

借金がかさみ、自分ではどうにもならなくなったときの解決法の一つである自己破産や、身近な人が亡くなった際に起きる可能性のある遺産相続問題は、誰がいつ経験してもおかしくはないトラブルです。スマートに解決するためには、信頼できる弁護士に相談するのが一番です。

弁護士や司法書士に相談できること

書類を書く

相続に関するさまざまな問題

誰がどのような財産を相続するのかで、揉める家族は少なくありません。弁護士などに相談すれば、必要な知識を身につけ、面倒な手続きを依頼した上で、ベストと思われる解決法を探っていくことができます。速やかな問題解決につながるでしょう。

借金減額や自己破産など、債務整理に関わる問題

借金の返済が難しくなってしまったときに、すぐに全てを諦める必要はありません。それぞれの状況によって、ベストな解決方法を提示し、導くのも弁護士などの仕事となります。相談だけなら無料で対応してくれるところも多いので、まずは一歩踏み出すことが大切です。

離婚に関するさまざまな問題

夫婦が離婚しようとすれば、財産分与や親権、慰謝料や養育費などさまざまな問題が噴出する可能性があります。全てを円満に解決することができれば良いのですが、そうではない場合、弁護士など、法律の専門家に相談するのがオススメです。

家族信託についても司法書士や税理士が力になる

家族信託は、信頼できる家族に財産を託し、管理継承できる方法です。財産を持つ人の認知能力が低下した場合に使われることが多いですが、遺言ではできないことをするための「代用法」として活用されるケースも増えてきています。家族信託のシステムをきちんと把握し、そのメリットを最大限享受するためには、税理士や司法書士に相談するのがベストです。

家族信託と民事信託の違いを比較

営利を目的としない民事信託

平成18年に行われた法律改正により、営利を目的としない場合、個人でも財産を信託することができるようになりました。この「営利を目的としない信託」のことを、民事信託と言います。法改正に伴い、新たに生まれた言葉であるため、まだまだ一般の認知度が低いという特徴があります。

民事信託の中の家族信託

個人が非営利目的で行う民事信託の中でも、「財産を信頼できる家族に託す」ものを、特に家族信託と言います。家族間で大切な財産を信託することで、さまざまなメリットが生まれます。認知症対策や新たな財産相続の手法として注目を集めています。

解決が難しい問題が発生!そんな時こそ弁護士の無料相談などへ行こう

弁護士

困ったことがあったら無料相談からしてみよう

弁護士や司法書士、税理士など、お金や法律に関する専門家は街中に数多く存在しています。しかしごく普通に生活している一般の方にとって、こうした事務所を「敷居の高い場所」と感じるケースは決して少なくありません。困ったときにその存在を頭に思い描けないことで損をする可能性もあり、注意が必要です。さまざまな問題を扱う各事務所の中には、無料相談を受け付けているところも少なくありません。まずは自分のケースに対応してもらうことが可能なのかどうか、無料相談で確かめるところからスタートしてみてはいかがでしょうか。状況を整理し、より良い解決法に近付くことができるはずです。

埼玉で好評な司法書士事務所はこちら!

司法書士法人オフィスワングループ

成年後見制度を利用した後の相続税対策も可能です!家族信託を依頼しよう☆

労働問題専門の弁護士事務所を紹介!

慰謝料請求の相場金額を紹介中!

弁護士を大阪で探しているならこちらへ★